生コラーゲン化粧品や美容液の効果を倍にし肌に浸透させる方法

生コラーゲンの美容液や化粧品をで効果を得たいなら、肌をきれいにする方法とワザを知らなきゃ損!

生コラーゲンの副作用は?かぶれやアレルギーが起こる原因

生コラーゲンは肌のコラーゲンに似たものを使っていることと、このサイトでオススメしている生コラーゲンは界面活性剤などの成分が入っていない生コラーゲンをおすすめしているため、肌には優しいものなのですが、生コラーゲンの化粧品も沢山の種類があるため、どうしても肌に悪い成分を配合したりと言う製品も中にはあります。

 

では生コラーゲンを使って起こる可能性がある副作用とはどんなものがあるのでしょうか?

生コラーゲンが起こす副作用とは?

f:id:keisan21:20170610164436j:plain

生コラーゲンを使って副作用が起こったらどうしよう?と肌が弱い人は心配になりますよね。

 

飲むコラーゲンドリンクは体内に入りますので、成分で合わない物が入っていると、アレルギーを起こす事があると思いますし、化粧品だと使われている成分が肌に合わないとアレルギーなどの副作用が起こる可能性があります。

 

肌がアレルギーを起こす原因は、異物混入を避け身体を守るためです。肌はタンパク質から出来ているのですが、肌の型と違うタンパク質が侵入すると「型が違う!危ない!」と侵入しようとするのを身体が阻止するために、アレルギー反応を起こすんですね。

 

言わばあなたの身体を外部侵入の危険から守ってくれた反応が副作用と言う事になります。

 

おかしなものを食べると気持ちが悪くなり吐いてしまうのも、身体が危機を察知して、吐いて出すと言う作用で身体を守っているのですね。

 

そのため副作用が起こると、あなたには合わない可能性が高くなります。また合わない時に起こる皮膚の副作用(アレルギー反応)ですが、多いのが

  • かゆみ
  • かぶれ
  • ただれ
  • 腫れ
  • 蕁麻疹

などです。これらの症状が起こってしまうと使用はやめた方が無難です。こちらでおすすめしている生コラーゲンは、使用して副作用や合わないと感じた場合は使用していても8日以内なら全額返金してくれるため、安心して使うことが出来ますよ。

f:id:keisan21:20170610164804j:plain

でもたった8日では解らないわと思うかも知れませんが、人の身体はアレルギーが起こった場合は8日も日数を必要とはしません。体内に入ったものは少し時間が掛かるものもありますが、肌に使うものは直接なのでダメな場合は直ぐに反応が起こります。

 

使って数時間後やあるいは直ぐ、遅くても次の日には何かしらの反応が出ています。そのため数回使っておかしくなると言う場合は、体調が原因だったり、他のものが原因だったりする可能性が高くなります。

 

そのため生コラーゲンで起こる副作用とは、命などに何か作用があるものではなく、飲むワケでは無いので、身体に異常を起こす訳でもありません。

 

生コラーゲンではニキビが出たと言う言う人もいる様ですが、生コラーゲンとニキビは関係ありません。

 

ちなみに飲むコラーゲンドリンクは、作用が遅い上にほとんど身体に吸収されてしまい効果が余り実感できない上、コラーゲンが元々飲みにくいものなので、飲みやすい様に香料や果汁などで味付けしているものが多いのですが、その香料あ果汁がアレルギーの原因になり、飲むと蕁麻疹が出たと言う話は良く聞きます。

 

多いのが桃やグレープフルーツなどの果汁でアレルギーを起こしたり、血圧に異常がある人はグレープフルーツの果汁は危険な場合があるからです。

 

生コラーゲンで副作用が全くないワケではありませんが、なるべく選ぶ時は成分に界面活性剤などの成分が入っていない安心なものを購入する事をおすすめします。

 

少しでも効果を出してキレイな肌になりたいと思う気持ちは誰しも同じですので、副作用で使えないと言う事は出来れば避けたいですしね。