生コラーゲン化粧品や美容液の効果を倍にし肌に浸透させる方法

生コラーゲンの美容液や化粧品をで効果を得たいなら、肌をきれいにする方法とワザを知らなきゃ損!

生コラーゲンの原料や安全性は?浸透してアレルギーは出ない?

生コラーゲンの原料ってなんだと思いますか?それって安全なんでしょうか?また肌に浸透してアレルギーが出たりしないのでしょうか?

 

安心して使えるように生コラーゲンの成分や安全性などをお伝えします。

生コラーゲンの原料や安全性は?

f:id:keisan21:20170613232419j:plain

生コラーゲンの原料は魚のうろこです。魚のうろこは動物の皮から摂れるコラーゲンよりもウイルスなどの恐れがなく安心して使えるので美容液や化粧品に良く使われています。

 

また生物のコラーゲンは3重らせん構造になっていて、水分を閉じ込める働きを持っています。

 

この3重らせん構造は加熱すると崩れてしまうため、熱を加えずそのままの形が保てる非加熱式で3重らせん構造を保持できるものが生コラーゲンなのです。

 

熱を加えたものはゼラチンや加水分解コラーゲンなどと言われますが、なぜ熱を通すのかと言えば、熱を通した方が分子が小さくなり吸収されやすくなるためです。

 

しかし熱を通すと3重らせん構造では無くなるため、保湿力が下がります。それを解消したものが低分子の生コラーゲンです。

 

低分子なので肌に吸収されやすく、効果を直ぐに実感できますが、肌に浸透するため環境ホルモンなどを心配する声も多いのです。

 

そのため身体に影響が出ないよう、界面活性剤などの化学成分が入っていないものを選ぶ必要があります。生コラーゲンと言う名で販売していても、中には界面活性剤などの環境ホルモンが心配な成分が入っているものも多いのです。

 

また生物のコラーゲンと同じ3重らせん構造の生コラーゲンだと、生物と同じもののためアレルギー反応も出にくくなります。

 f:id:keisan21:20170610220806j:plain

しっかり浸透すれば生コラーゲンの保湿力は6倍もあり、更にラメラ構造にアタックしてインナードライを解消して行くため、効果を得ながら肌の保湿力も上がって来るのです。

 

生コラーゲンは肌に浸透して効果が高い分、安全性が高く作られていますが、しっかりしたメーカーで界面活性剤などを含まないものを選ぶ事で、安心して使う事が出来るのです。

 

値段は少し高いですが、逆に安すぎると化学成分が配合されていて肌に吸収されてしまい、不妊や更年期障害、ホルモン異常などを引き起こす恐れがありますので注意が必要です。

 

肌の潤いも大事ですが、肌がもっと生き生きして来るのは腸が大きく関係しています。ヨーグルトや納豆を食べると腸がどんどんキレイになって来ると言われており、それをするだけでも、肌艶が変わって来るのです。

 

また腸がキレイになってくると、今流行りのデブ菌が減り痩せ菌が多くなるため自然にヤセ体質にもなって来ますよ。

 

生コラーゲンで肌がキレイになって若返るのにプラスして、腸にも良い生活をすると痩せ体質になって来るのでWでキレイになれますよ。

安心して使え効果が直ぐに実感できる生コラーゲンはこちら